東京での葬儀・葬式などの葬儀社は渥美家本店にお任せ下さい。

葬儀を東京でするなら渥美家本店へ

一期一曾

2007.06.28  ありがたいという話

Q: お寺さんにお渡しするお布施はおいくらですか?
Q: お布施の相場は、どのくらいですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お客様から尋ねられることがあります。
しかし、葬儀社の立場では金額を決められるものではありません。回答を出すのに困難な質問です。
従いまして、そんなときは今までに経験をしてきたなかで知りえる知識の範囲でお答えをするのです。お客様に、菩提寺がある場合と無い場合、菩提寺の所在地によっても地域的な価格に格差があります。一般的に御戒名(御法名)にも、位号(くらい)によりお布施の金額が異なる場合もあります。そのあたりの、お話を致しましてから相場とは異なるかもしれませんが平均的な金額のお話を致します。菩提寺がある場合は、直接寺院へご相談していただくことが必要かと思われます。向こう(あの世)でのお名前を付けていただくということは、とても大変なことです。辞書を広げて、文字を選び御戒名を定めるわけではありません。仏式の場合、名前を授ける立場の僧侶はそれなりの厳しい修行を終えられてきた方々なのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日蓮宗では、大寒荒行という世界三大荒行のひとつの厳しい修行があります。11月から2月までの間、100日間の寒い時期に荒行を行います。千葉県中山の法華経寺に、全国から修行を行うために僧侶が集まるのです。荒行堂という修行の場があり、11月に開門すると、2月までは門が閉じられるそうです。その荒修行のひとつに、1日に7回も冷たい水を頭からかけて行う修行があるそうです。午前0時に就寝につき、1回目の水場での修行が午前3時から始まるそうです。とても厳しい修行ですね。並みの精神では勤まらない修行だと思います。食事も、とても満腹には程遠い最小限の内容だそうです。そうした、つらく、厳しい日々を100日間耐えて行くそうです。手足はあかぎれで痛み、体力、精神が鍛えられるそうです。2月の帰山式(元の寺に帰る)時には、体重が20KGも減っている人もいるそうです。経験する方は、その荒行を何年も務める僧侶もいるそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうした厳しい修行を終えられてきた僧侶に、あの世でのお名前を頂くのです。
ありがたい事です。
大変なことです。
縁がなければ、それも受けることもできないのです。お布施とは、ある意味では感謝の表現なのかもしれません。相場とか平均値なんていうことはをお話しすることはおこがましい事なのかもしれません。人それぞれ、価値観が異なり、考え方も違います。同じ話を聞いても、感じ方に違いもあるでしょう。だけれども、感じていただきたいことは、そうした修行などを受けられ、そしてその道の精進をしている僧侶が居るということ。そして、お客様が縁あって巡り会った僧侶はそうした方々であることを心よりお祈り申し上げます。(山中)

投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.06.20  ◆ 事前相談 ◆

お葬式についてのお問い合わせ・・・
弊社にお問い合わせをいただく場合、方法は二つあります。
①電話でのお問い合わせ
②メールでのお問い合わせ

ご年配の方は、お電話のでのお問い合わせが圧倒的に多く
50代よりお若い方は、メールでのお問い合わせが比較的に多いのが現状です。
近くにお住まいの方は、直接来社してくださる場合もあります。
相談内容としては・・・
①葬儀の段取りをどうしたらよいのか?
②葬儀費用に関する不安?

などが多く、ほとんど人生の中で経験をしたことのない事態なので全く見当がつかないというのが、お客様からお伺いする相談内容です。
弊社では、お客様の諸事情を考慮して、お客様のご希望にあわせた葬儀の段取りから、葬儀費用のお見積りを作成いたします。分らないことは、説明を受けて、そしてお客様が納得していただくことが大切です。納得するということは、お客様が理解をするということです。
弊社は、説明の時間を惜しみません。
お電話では、困難な場合は事前にお客様のご自宅などにおうかがいを致しましてご説明に参ります。
お気軽にご相談ください。(憲)



投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.06.14  関東地方も入梅・・・

街中の住宅街を歩きますと、紫陽花の花を見かけます。
紫・赤・・最近では、白い紫陽花も多くなりました。
梅雨の時期に、紫陽花の花はよく似合っていますね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日ご縁のあった、故人様は紫陽花がとても好きなおばあちゃんでしたとお孫様から伺いました。紫陽花をこのお葬式で飾りたい。
どこに紫陽花の花を咲かせようか?
ご弔問にこられた方々にも故人様の大好きだった紫陽花をご覧になって頂きたい。
ご弔問者が、必ず通る場所に紫陽花を咲かせたい。
門前の提灯の灯りを燈す場所。ここならば、必ずご弔問者に見ていただける。
そんな思いで、提灯の下に紫陽花の花をたくさん咲かせることができました。
御自宅にも、色とりどりの紫陽花が庭に御座いました。
お孫さんたちは、おばあちゃんの大切にしていた花に水をあげて
おばあちゃんが大切にしていたお花を守っています。
家族っていいですね。兄弟っていいですね。親子っていいですね。
大好きなものをお互いが知っている。
けんかしても、すぐに仲直りができるじゃないですか。
家族っていいですね。夫婦っていいですね。子供っていいですね。
お互いが、支えあい・助け合い・愛し合っているじゃないですか。
おばあちゃんが大切していたものは、お子様が、お孫様が守っていく。
人間っていいですね。(憲)




投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.06.06  ご葬儀の基本は自宅葬

お葬式は、どこで行いたいとお考えでしょうか?
葬儀斎場ですか?それとも、御自宅ですか?
昔は、お葬式の会場は自分の家で行っておりました。
家族・親族が大変な思いをして、準備を行っていたのです。
ご近所の方々や、町会の方々がお手伝いに加わりまして
ひとつのお葬式が執り行われたのです。
寒い時期や暑い時期は、それは大変な思いをしながら
故人様をお送りしていたのでしょう。
最近は、斎場でのお葬式が増えています。
葬儀に参列するご遺族の負担がなくなり、ご近所の皆様方の
お手伝いも少なくなりました。
その理由に、マンションなどの集合住宅にお住まいの方々は
近隣の方々への配慮から家では行わないようになってきたのでしょう。
近所付き合いという言葉も、山の手ではあまり聞かなくなって
きたのではないでしょうか?
しかし、お葬式は故人様が生前にお住まいになられていた家で
執り行い、お送りするのが本当の容ではないかと思います。
葬儀会場の基本は、「自宅」です。
どんなに狭くても、行うのに困難な状態でも工夫をして
自分の自宅で、執り行いたいところです。
弊社では、自宅での施行は年間に数えるほどしかないのが
実情ですが、お客様がご希望されれば心からお手伝いを
させて頂きます。先日も、久方ぶりに御自宅でのご葬儀が御座いました。
朝から、どのように飾りを行うか?幕は、どのように張るか?などと
頭の中は、そんな構想で一杯になりました。
葬儀社の人間は、職人なんですね。
整っていない状態から葬儀式場を創り上げるのです。
通夜になり、自宅玄関前の提灯の灯りが印象強く
目に映り始めた時、御自宅でのお葬式は心がこもり
温かい心でご会葬者の方々がお焼香を行っていることに
気がつきました。「自宅葬」は、お葬式の基本でした。
これからも、心をこめてお葬式をお手伝いしていきたいと
改めて考え直すことができました。(憲)

投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)