東京での葬儀・葬式などの葬儀社は渥美家本店にお任せ下さい。

葬儀を東京でするなら渥美家本店へ
葬儀 東京 HOME一期一曾>親しまれていた「しょうちゃん」

一期一曾

2008.03.03  親しまれていた「しょうちゃん」

渥美家本店のある街は、JR総武線・『平井』という名前の駅のある街。
平井駅は、始発電車から終電まで沢山の人々が行き交う場所。
高架下には道があり、車・バス・自転車・バイクが通り、歩道には歩く人々がいる。
高架下の歩道は、公道でありそこに居つくことは出来ない。
しかし、その高架下には昔から平井の街の人々に「しょうちゃん」と呼ばれた人がいた。

ホームレスの「しょうちゃん」。
私も、子供のころからしょうちゃんを知っている。自転車に乗りながら、駅の通路を進む人がいれば、しょうちゃんは追っかけながら注意をしていた。お祭りがあり、神輿が通れば横断歩道で交通整理の笛を吹きながら歩行者を見守っていた。暑い日でも、厚着をしてダンボールの上に寝ていたしょうちゃん。寒い冬には、更に厚着をして上手に風よけをつくり歩道に寝ていたしょうちゃん。
ある日、しょうちゃんが死んでしまったよ。歩きながら誰かが話していた声が聞こえた。
えっ?しょうちゃんってあのしょうちゃん?どうして?なんで?
錯覚だろうか?さっきも高架下にいたような気がしたのに?
でも、それは事実で逝ってしまったのです。
ニコニコ笑って、歩いている姿を今でも忘れられない。
残念なことに、いや誠に腹が立つことにと言ったほうが本音であるが、亡くなるひとつきほど前に通行人に暴行されて頭に大怪我をおったという。なぜ?弱い立場の人を殴るのだろうか?誰が見たって、強そうな人じゃないし、自分から喧嘩を仕掛けるとは思えない。死因は、行政解剖の結果「病死」とされたが・・・。
しょうちゃんの死後に、朝日新聞にしょうちゃんの記事が載っていた。

2月26日 温もり与え、しょうちゃん逝く・・・
2月29日 愛され逝った平井のホームレス葬儀 
       しょうちゃん、街に別れ・・・

やったね、しょうちゃん しょうちゃんが新聞の記事に載ってるよ。
ホームレスのしょうちゃんすごいね。
いつも歩道で寝転んで、下から平井の街の人々を見ていたけれど、今度からは平井の街を高いお空の上から見守ってくださいね。お願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高架下に今は、しょうちゃんのその姿はなく、遺影写真だけが冷たいコンクリートの壁に飾られている。
写真の下には、冷たい壁を少しでも暖めてあげようと平井の街の人々から贈られた
花・花・花・・・が供えられている。
合掌   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平井の街の人々には、温かい人も沢山いるんですよ。
(憲)


東京都江戸川区にある葬儀社
葬儀 東京』は渥美家本店へお任せ下さい。

投稿者 渥美家本店 (20:41) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :