東京での葬儀・葬式などの葬儀社は渥美家本店にお任せ下さい。

葬儀を東京でするなら渥美家本店へ
葬儀 東京 HOME一期一曾>残念な事件。悔しい事件。

一期一曾

2010.10.27  残念な事件。悔しい事件。

小さい子供たちは、大人が見守り、大きく成長するまでは、助けてあげたい。
小さい心では、辛いことに耐えるのも限界があり、その限界も大人と比べたら
あまりにも小さく、弱く、もろい。
だから、そばにいる大人の助けが必要である。

-------------------------------------------------

先日の出来事、群馬の小学校6年生の子が、自殺をしました。
記憶に新しいことと思います。小さな女の子。
心もまだ成長半ばの、小さな女の子。
その事件に関する、記事です。
----------------------------------
群馬県桐生市の小学6年、上村明子さん(12)が自殺し、家族がいじめを訴えている問題で、明子さんが生前、「やっぱり『友達』っていいな!」というタイトルの漫画を描き残していたことが27日、わかった。
B5判のノート3ページにシャープペンシルで描かれたイラストは、「関口桜」という名の小学5年の女児が新しい学校に転入してきたという設定。
「転校生。5年生の女の子。おとなしくて恥ずかしがり屋だけど、みんなの人気者」という主人公は、担任の先生から「転校生なので仲よくしてあげてください」と紹介され「これからよろしくお願いします」と新しいクラスメートにあいさつしている。
子ども部屋で遺品を整理していた家族が見つけたという。
母親(41)は「やっぱり友達がほしかったんだな。
自分がかなえられなかったことを漫画に託したのだと思う」と寂しそうに話した。
----------------------------------
短い記事ですが、どんな風に感じましたか?
私は、悲しくて涙がしばらくの間、止まりませんでした。
助けられなかったのか?
周りでどうにかならなかったのかと・・・亡くなった子供の
小さい心で感じていたこと、苦しんでいたこと、友だちっていいな・・・・・
この言葉に、全ての答えが有ったのではないかと・・・・

自分の子供が、いつ加害者になるかもしれない、また、被害者になるかもしれない
子供たちは、些細なことでどちらにも急になりうる。
できることは、やってみましょうよ。
話し合って、相談しあって、助け合って、協力しあって、声かけあって・・
二度と、このような悲しい出来事が起きないように
心の底から真剣に願いたい。
(憲)

投稿者 渥美家本店 (19:12) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :