東京での葬儀・葬式などの葬儀社は渥美家本店にお任せ下さい。

葬儀を東京でするなら渥美家本店へ
葬儀 東京 HOME一期一曾>心にずしりと、きた言葉。

一期一曾

2010.10.30  心にずしりと、きた言葉。

葬儀の仕事は、本当にありがたい仕事なんです。
それが、痛いほどわかっています。
今まで、なかなか出会うことが出来なかった人と、出会うことができる。
縁ある人との出会いだが、なかなか出会えなかった人と出会えるるんです。
そのことに、気がつきわかっていると、自然と仕事に真剣に取り組める。
お客様に対して、自然に親切に対応ができるんです。
人の『心』を感じ取り、話をするとき、話の中で自分自身が勉強になることが沢山ある。
あるお寺さんのお話で、衝撃を受けました。

もしも、あなたが無駄に過ごした『一日』があったとしたならば・・
その『一日』は、昨日亡くなったどこかの誰かが、死ぬほど生きたかった『一日』なんだよ。
だから、今日から無駄にならないように過ごしなさいよ。

わかっていたことなのか?忘れていたことなのか?
いや、わかっていなかったことなんじゃないか。
自分に問いかけ、反省をしました。

昨日、誰かが死ぬほど生きたかった明日が、今日なんだから無駄には出来ない。
改めて、心に誓うことにしました。(憲)

投稿者 渥美家本店 (12:28) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :