東京での葬儀・葬式などの葬儀社は渥美家本店にお任せ下さい。

葬儀を東京でするなら渥美家本店へ

一期一曾

2011.01.13  事前相談の必要性【大】

 お葬式の相談なんて、縁起が悪い。葬式のことを考えると、自分の身近に不幸が起きる。などと、考えてしまうのが日本人。不幸なことを考えるのは、良くないとお思いではないでしょうか?
果たして、本当にそうでしょうか。墓石の販売をする、いわゆる石屋さんがよく口にする言葉で、『お墓を買おうとしている人に悪い人はいない』と申します。自分自身のことや、家族のことを考え終焉の時の後のことを考え準備をしておくことは、人として生まれた以上必要不可欠なことではないでしょうか。
 最近のお客様からのお問い合わせの内容が、5~6年前よりもすっかりと変わってしまいました。この世の景気が悪いことや社会の風潮が変わってしまった部分があるから、仕方がないことなのかもしれません。しかしながら、【心】ある対応を心がけて今までお客様と接して参りましたが、最近は【心】よりも【数字】が優先されてしまい残念に感じることがあります。このままで、良いのだろうかと不安に思うことが多々あります。お客様にとって、良い内容で葬儀費用が安く済むことは必要なことです。食事をすることでも、買い物をすることでも、良い品が安く手に入れば喜ばしい。内容と価格の比較で価格以上の内容があれば、満足感を抱けます。葬儀の問い合わせの場合、内容を比較することが難しいのかもしれませんが、価格>内容 といった図式が正に、現在におけるお客様からのお問い合わせの形です。寂しい気がしてなりません。
私どもは、今までに人と人の心のつながりを大切にしていました。心のつながりがあってこそと考えて参りました。それが、現実的な【数字】が心と心のつながりのきっかけになってしまい、内容や担当者の人柄などのプライオリティーが下がってしまいました。担当者の人柄こそ一番であり、そして内容、そして価格といった葬儀社として有るべき姿が、変わろうとしております。しかしながら、時代の流れに逆らうかのようでありますが、弊社は心を大切にしてこれからも進んで行きたいと考えております。
もしものときは、事前にご相談をしてください。そして、【心】を感じてください。(憲)

投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.01.06  平成23年を迎えて・・

 平成23年を迎えました。渥美家本店設立より、8年目が3月にて終了し9年目に入ります。今までに、沢山の方々との出会いがありました。沢山の人生の勉強をさせていただきながら、日々精進してまいりました。お寺さんのありがたいお話を聞かせていただきました。ご家族から、大切な家族の絆を教えていただきました。ご縁をいただき、その一つ一つが今の渥美家本店の力となっていることを心より感謝申し上げます。
 ご葬儀を終えて、数年たっているかたもお線香を求めて渥美家本店へお越しいただいている方や、毎年暮れにお贈りさせていただいているカレンダーが届くと御礼のお電話やお手紙を下さる方や、心の隅に渥美家本店を覚えていただいている方など、本当の感謝致しております。私どもは、この心と心のつながりを大切にしていきたいと考えております。きっと、この世もあの世も心と心のつながりが大切なんだと思います。
 人として生まれてきた以上、涙も・感動も・悲しみも・・、心で感じて素直に表現をしていきたいと思います。今日を生きることは、昨日どこかで亡くなってしまった誰かが、死ぬほど生きたかった一日なんだということを忘れずに、大切に時間を過ごしたいと考えます。
 ご葬儀だけではなく、日頃からのお付き合いを大切にし、本年も宜しくお願い申し上げます。(憲)

投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)