東京での葬儀・葬式などの葬儀社は渥美家本店にお任せ下さい。

葬儀を東京でするなら渥美家本店へ

一期一曾

2011.04.27  お葬式

 ここ数年の間に、「お葬式」のスタイルが大きく変わってきている。「お葬式」という言葉が、当てはまらない「お葬式」。つまり、葬儀業界では、「直葬」・「火葬のみ」などと呼んでいる「お葬式」です。表現が、あまり美しくないのが残念です。弊社では、それを「自由葬」と表現しております。弊社における、平成17年4月までの「自由葬」の割合は約4割「自由葬」の流としては様々ですが病院~自宅~火葬場のパターンと、病院~保管所~火葬場のパターンと、病院~火葬場のパターンなどが御座いました。きっとこれからも、「自由葬」の割合は増していくことでしょう。「自由葬」を選ばれる方々の理由としては、お葬式を行わないで欲しいという故人様の遺言であったり、ご費用を掛けたくないという経済的な根拠であったり、心ある家族だけで送りたいという気持ちを重要視された場合などがあげられます。弊社では、ご家庭の事情に合わせて、お客様なりのご葬儀の形態に柔軟な対応をとっております。
 「お葬式」という元来のもつ意味は、人々の死生観の移り変わりから大きく変化し核家族化が進み、地域社会の協調・共同意識がなくなり、「葬送の儀」に占める宗教という存在が希薄になってきたと感じています。このような変化に対して、お寺の御住職からは、死者に対する「葬送・儀礼」の大切さをこれからの若い世代に伝えていく必要があると伺うことがあります。都内のある寺院では、布教活動に真剣に取り組んでいるところもあります。「お葬式」において、何が大切なことなのか?何が必要なことなのか?・・答えを探すとき、果たして本当にこれでよいのかと考えさせられる事が時々あります。時代が変れども、身近な方への、大切な方への「心からのありがとう」を送る葬送の心は不変だと信じております。 新聞紙面には、「死の個人化」という言葉を目にします。今年の3月の朝日新聞には、【-共同体の崩壊-以前は地域共同体の中に癒してくれる人もいたが、姿を消した。オウム事件は共通の価値観で共同体を形成しても、問題を解決できないことを示した。その結果、個々人が「生きづらさ」を解決する道を探らざるを得なくなった。-「自殺系サイトの参加者は決して死にたい訳ではない」-身近に相談相手がいないから、ネットに向かう。すると自分のつらさを分かってくれる人がいる。メールのやり取りは、ほとんどが匿名。自己紹介でもすれば、友人関係になり、自殺を止め合うようになる例が多いという。】とある。 死が個人化する背景には、国・社会・地域・家族・・・と身近なコミュニケーションの場が少なくなりすぎたのでしょう。皆様は、どのようにお考えになりますか?家族、親戚、友人、ご近所、会社の仲間、ご先祖様とお話をする時間が少なくなっていませんか?少しだけお金をかけて仲間とお茶を飲む余裕・電話でお話しをする余裕・ご親戚のお宅へお出かけする余裕・月に1度はお墓参り行く余裕をもちたいものです。ご近所の一人暮らしのお年よりは、お話し相手が欲しいと申しておりました。お顔を拝見したら「こんにちは」と必ず声をかけてお話をしています。 (憲)

投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.04.27  お釈迦様の【 飢えた虎に我が身を食わせた話】

 ある日お釈迦様が弟子の阿難を連れて托鉢をしていた時の事です。その時、一人の老母がお釈迦様の前にひれ伏して「今、刑場で処刑されようとしている二人の息子の命をどうかお助け下さい」と懇願しました。聞くところによると、二人の息子が飢えにせめられて盗みを重ねた結果、死刑を宣告されたと言います。我が子の命を救おうとする熱意に心を打たれたお釈迦様は、王の所へ出向き二人の命乞いをして、二人は救われました。感激した母子三人は弟子となりお釈迦様の教えを聞いた結果、ともに修行を完成して阿羅漢と言う位に到達しました。この事を讃嘆した阿難に対してお釈迦様は「これは過去世からの因縁である。昔、マハーラトナと言う王があり、三人の王子がいた。ある日三人の王子達は林の中で遊んでいた。その林の中に、二頭の子を連れた母虎が棲んでいて、長い間、獲物にありつけなかったので、母虎は飢えに責められて二頭の子の虎を食おうとしていました。三人の王子のうち二人の兄王子は逃げ去ろうとしましたが、末のマハーサットヴァ王子は、「永い輪廻転生の間に、私は無駄に命を捨てた事が限りなくある。それは貪欲のため、或は怒りのため、或は愚痴のためであって、尊い教えのためであった事は一度もない。尊い教えのために身を捧げる絶好の機会だ」と考え、虎の前に我が身を投げ出しました。飢えた母虎は、マハーサットヴァ王子の体に食いつき、二頭の子虎は命を救われたのでした。末の王子が虎に食われた事を知った父王と王妃は林へ行きマハーサットヴァ王子の骸骨を見た二人は悲しみの余り気絶しました。我が身を惜しまず虎を救った功徳によって兜率天と言う最高浄土世界に往生できた王子は、父母の前に姿を現わし、「父王よ、私は我が身を捨てて飢えた虎を救った功徳によって兜率天に生まれました。存在するものは必ず無くなり、生あるものには決まって死が訪れます。これが生きとし生けるもののさだめなのです。」と語った。お釈迦様は、阿難尊者に、「その時の父王とは、今の私の父であり王妃とは、私を生んでくれた母である。長男の王子は弥勒。次男は仏弟子のヴァスミトラ末のマハーサットヴァ王子は私自身であった。虎の母は今の老母。二頭の子虎は今の二人の息子である。私は前世においても二人を救い、今また二人を救ったのである。このお話は、前世のお釈迦様の功徳を説く代表的な捨身供養の物語です。(憲)

投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.04.18  東日本大震災・救援活動

平井小松川地区小学校7校協賛企画
---被災地の子供たちを助けよう!!---
7校合同で募金活動などが行われた。4月16日土曜日の午後1時から3時まで各小学校で実施。学校ごとには、ランドセルの回収活動も行われました。ランドセルは、200個以上集まり、募金の金額も50万円を超えた。数日後に、ランドセルは被災地の福島県に直接輸送する。募金は、文房具などの形を変えて、被災地に直接届けられる。こうした活動は、継続的に行われていく。近隣の方々、学校関係者の方々などご協力をいただきまして誠にありがとう御座いました。

投稿者 渥美家本店 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)