東京での葬儀・葬式などの葬儀社は渥美家本店にお任せ下さい。

葬儀を東京でするなら渥美家本店へ

一期一曾

2012.01.18  自宅葬

どんなに、狭くても、どんなに、小さくても、どんなに、めんどうでも、お葬式をするならば、自分の自宅なんだぞ。と、葬儀の古い先輩の方々に教えられてきました。
家で、葬儀を行うこと。人間の最後を、送り出すこと。
家が在るのだから、自分の家からだぞ。と、言われてきました。
95%以上の方は、自宅以外で行う方が多い今の世の中。

-------------------------------------------------------------------
確かに、自宅でのお葬式は家族の誰かが、接待や準備や片付けなどで忙しくなる。女性の方の動きが忙しくなることが、側で見ていてよくわかります。
しかし、自宅葬はなんだか落ち着きます。集まる方も、その雰囲気に慣れているし、きっと故人様もいつもと変わらない気がします。
誰にも気を使わずに、普段と同じような状態で過ごせる自宅葬。
家族葬が、増えている今の世の中で、これから自宅での葬儀が増える?かも知れませんね。
-------------------------------------------------
式場でしか、葬儀の経験がない葬儀社の社員は対応ができるのでしょうか。
葬儀屋で働く人は、職人です。マニュアルではなく、自在に対応ができる職人です。厳しい先輩が、昔は沢山いました。そのお陰なのか、自宅葬は大好きです。
飾りに、力が入ります。一軒一軒異なる住まいの様式に、いかに対応ができるのかが勝負。やはり、経験が一番大切だと改めて感じました。
--------------------------------------------------
家族葬のニースが増大=自宅葬
なんて時代が、巡ってきそうですね。
(憲)

投稿者 渥美家本店 (21:23) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :